ARITICLE

《太秦》意外?! テリーヌの魅力とは?

こんにちは、

1000年の歴史都市、京都太秦
帷子ノ辻駅から徒歩1分。

1,000年レストラン「IKEYA」です。

フランス料理などの前菜などで
よく目にするテリーヌはいろんな具材も入って、
彩りも豊かでとてもオシャレな料理ですよね。

しかし、意外と「テリーヌ」と聞いて、
『なかなかイメージがわかない・・』
という人も多いかと思います。

そこで今日は、
そんな方のためにテリーヌについてご紹介します。

テリーヌとは本来、陶器製の容器のことを言います。
つまり料理のテリーヌとは『テリーヌ型』に入れて
形を作り調理されたものなのです。

伝統的なテリーヌの作り方として型に脂や
バターを敷いて具材を詰めて焼くのが普通ですが

具材はレバーやフォアグラ、
野菜や魚介など、いろんな食材で作られており、
美しい切断面も魅力のひとつです。

そのまま食卓へ出して取り分けたり、
少しづつカットしてプレートにのせて野菜や
ソースなどをトッピングすれば、
お洒落な前菜としても楽しめます。

「IKEYA」は本場のテリーヌの味だねと
皆様から好評をいただいております。

太秦周辺にお越しの際は、
ぜひお気軽にお立ち寄りくださいね。

「IKEYA」では、スペイン料理を主体とした
料理をお出ししています。

お子様用の椅子やカトラリーも
ご用意しておりますので、

ファミリーでも是非お立ち寄り
ください。

また「IKEYA」には
テイクアウトのメニューもご用意しており、

こだわりのワインも、店内価格から
20%OFFでテイクアウトして頂けます。

ぜひご家庭でも、IKEYAのお料理で、
楽しい食事の時間をお過ごしください。

1,000年レストランが「IKEYA」のコンセプト。

この土地と人に愛され1,000年続いていくために、

家族想いのレストランでありたい、、、。

そんな
シェフが想いを込めて作る、自家製ベーコン
パスタや、魚介の旨味が詰まった
パエリアがIKEYAの人気メニュー。

「とろ~り」と滑らかなプリンは、
小さなお子様にも好評です。

「いい店だな。」
「IKEYAがあってよかったね♪」

そう思っていただけるように、

今日も美味しいお料理と、

”明日の元気の素”をご用意して
お待ちしております。

本日は最後までお読みいただき
ありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Facebook

PAGE TOP