ARITICLE

《太秦》最近人気のアヒージョの魅力

こんにちは、

1000年の歴史都市、京都太秦
帷子ノ辻駅から徒歩1分。

1,000年レストラン「IKEYA」です。

本日ご紹介するのは、
スペイン料理の中でも、

最近特に存在感を高めている
アヒージョについて
お伝えしたいと思います。

そのまま食べるのはもちろん、
バケットと一緒に
食べてもおいしいですよね。

ちなみにアヒージョとは、
スペイン語で「ニンニク風味」を
表わす言葉で、

オリーブオイルとニンニクで煮込む
小皿料理(タパス)の一種です。

具材はもちろん、残ったオイルも
おいしくいただけるのが人気のポイントです。

また、できたて熱々のアヒージョは、
小鍋の中でグツグツ沸騰したガーリックオイルが、
具材の薫りを巻き上げ、パーティーを
盛り上げてくれます。

スペインでは海老とマッシュルームが
アヒージョによく使われる具材ですが、
日本に入ってきてからは、
独自の進化を遂げているのも面白いところ。

アレンジ上手の日本人シェフ達の
創意工夫により、
ホタテ、イカ、アサリ、たこなどの
魚介類にとどまらず、
ブロッコリー、ミニトマトなどの
野菜類や鶏肉、モツに豚肉ど、
様々な バリエーションで
楽しまれています。

アヒージョのオイルには、
そうした具材の旨みがジワーっと
溶け出してとても美味しいですよ。

当店のアヒージョはタコのアヒージョ、
砂ズリのアヒージョ、自家製ベーコンと
マッシュルームのアヒージョ、
海老のアヒージョなどの他
春には「ホタルイカと菜の花」
夏には「稚鮎」
秋には「秋刀魚」
冬には「牡蠣」
など、季節限定の
アヒージョもご用意しております。

太秦周辺にお越しの際は、
ぜひ当店自慢のアヒージョの味を

ワインと一緒に
楽しんでいただきたいと思います。

追伸

お店は帷子ノ辻駅から
徒歩1分のところにあり

1,000年続くレストランを
コンセプトに営業しています。

地域の皆さまから愛され続けるために、

お客様はもちろん、
働くスタッフやお店に関わる全ての人に

「IKEYAがあってよかった」

と思ってもらえるように

これまでも、これからも
IKEYAで関わる全ての人達と
幸せになれるように、
より良いお店を作ってまいります。

年末へ向けて、予約も増え、
満席の日もございます。
大切な日のご来店には
ご予約をお勧めいたします。

皆様のご来店、ご予約を
心よりお待ちしております。

本日も最後まで
お読みいただきありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Facebook

PAGE TOP